意外と知られていないクマバチとキホリハナバチの被害。必読です!!

文化財の害虫と対策について

 

 はじめに

 

古建築物等の木製文化財における最も重要な生物被害はシバンムシ等による虫害です。

長期優良住宅の実現によるストック型社会を目指す上で、文化財の虫害に関する知識は今後益々重要になると考えられます。

 

そこで、自身の今日までの観察経験による文化財害虫種の概要とそれらの具体的な駆除方法や予防策についてご紹介いたします。

 

 

 最-重要種 ケブカシバンムシ  Nicobium hirtumIlliger

 

  • ・ 成虫は体長3.5~6.0mm。褐色~灰褐色で全体が短毛で覆われており、背面に不定形な帯紋があります。
  • ・ 成虫は夜行性で6~8月に出現します。
  • ・ 卵~成虫までの生育期間は2年以上かかるものと考えられています。
  •  

    ※ 6月下旬~7月上旬頃が最も採集しやすい時期です。

     

            nicobium_hirtum   nicobium_hirtum_lavae

     

    資料・写真;  左;Mapion webより   右;(有)サポート仙北 早坂氏より

     

    ・ マツ、ヒノキ、クス、ケヤキ、ハンノキ、ブナ、キヅタ、カシ、イチヂクなど針葉樹、広葉樹を問わず広範な樹種を加害します。

     

  • ・ とくに古材を好むため古い家屋によく発生します。
  • ・ 虫孔の密度が少なくとも木材内部の被害は非常に大きいため、神社、仏閣などの古い木造建築物では重要な害虫となっています。
  •  

            nicobium_hirtum_hole

     

    写真 ;(有)日比野ハウスサービス 日比野氏より

     

    ・ 加害材の表面には直径約2.5~4.5mmの円形で大小様々な脱出孔が空けられ、材の中には粒状の糞が充満しています。

     

    ※ アメリカカンザイシロアリの糞との違いは、爪先で潰すと容易に粉々になることです。

    ※ 糞の色はカンザイシロアリと同様に黄褐色~茶褐色と多様であるため色のみで判断するのは不適切です。

     

            nicobium_hirtum_pet

     

    写真 ;(有)日比野ハウスサービス 日比野氏より

     

    ※耕種的防除法として、加害を受けやすいマツ材を使用する場合は、煙で燻した材(いぶしマツと呼ばれる)を採用することで穿孔性害虫の加害を防ぐことができます。

     

     

     

     重要種 クマバチ  Xylocopa appendiculata circumvolansSmith

     

  • ・ 単独生活を行い4~11月にかけて出現します。
  • ・ 木造建造物の垂木などに直径15mmほどの円形の孔を穿孔し、長さ20㎝前後の坑道をつくります。坑道の奥から順に数個の育房を形成します。
  • ・ 木材への穿孔加害は4~6月に多く、フジなどのマメ科植物の花を好んで花粉を集め巣穴に運びます。
  • ・ 夏に羽化した新成虫はそのまま翌年の春まで育房内に留まり、母蜂は古巣を利用するなどして越冬します。
  •  

     

     

     要注意 キホリハナバチ  Lithurgus collarisSmith

     

  • ・ 体長14~17mmで黒色
  • ・ 7月中旬~8月中旬にかけて出現します。
  • ・ 木造建造物の梁や柱に直径7.0mmほどの円形の孔を穿孔し複雑な坑道をつくります。
  • ・ 成虫はムクゲ、ニンジンボク等の花に集まり、花粉を集めて巣に運び幼虫を育てる育房を坑道内に形成します。
  • ・ 巣穴に花粉を運ぶ際、孔の入り口に花粉が輪状に付着するため本種の孔であることが判ります。
  •  

    参照; 北村2001 (日本昆虫学会, 昆蟲. ニューシリーズ 4(2), 49-61, 2001-06-25)

     

    ※クマバチとキホリハナバチの穿孔被害が多い場合は、耕種的防除法として、最も好んで訪花するフジやムクゲを取り除くことで営巣を軽減することができます。

    ※いずれも採餌場から比較的近くに営巣するため、餌を取り除くのは想像以上に効果的です。

     

     

     

     駆除方法

     

    木製文化財の被害において本種を駆除する場合は、公財)文化財虫害研究所の認定薬剤を使用する必要があります (資料参照)。

     

    木部への穿孔注入は原則として禁止とされ、現状以上に“傷”をつくってはいけません。

     

    特別な仕様により、表から見えない部位に直径3mmの穿孔注入を行うこともありますが薬液の注入を高圧で処理すると剥離や破断など損壊する恐れがあるため細心の注意を要します。つまりは非破壊、非接触が最も理想的なため貴重な物においてはフッ化スルフリルや酸化エチレン等によるガス燻蒸処理もしくは(財)文化財建造物保存技術協会の監督のもと解体や部材の取り換えなど専門家による修復が実施されます。

     

    ※日本が世界に誇る匠の技について興味のある方にはこちらの刊行物をお勧めします。

     「 修復の手帖 vol.1~3 」 (財)文化財建造物保存技術協会

     「 文化財の虫菌害防除と安全の知識 」 2009年版  (公財) 文化財虫菌害研究所

     

     

     

     簡易的手法

     

    文化財用として登録のあるDDVP樹脂蒸散性防殺虫剤 (商品名;パナプレート) を用いて効率的に駆除する方法をご紹介いたします。

     

    ・ パナプレートのご購入は 国際衛生株式会社より

     

    ・ 文化財専用 パナプレートのオンライン購入は こちらから会員登録後に可能となります。

     

    ※樹脂蒸散剤を虫孔密度の高い部位に設置し、荷物固定用フィルムで覆い養生テープで固定します。実施する場合は必ず所有者または管理者の承諾を得てください。

    ※虫の卵には効きにくいため、実施する時期は対象害虫の生態を考慮してください。

    ※ケブカシバンムシを対象とする場合は6月中下旬(成虫)と9月上中旬(幼虫)が適期となります。

     

          vptreatment1       vptreatment2

     

     

     

     文化財防虫防菌用認定薬剤一覧

      (公財)文化財虫菌害研究所より 2010年4月現在

     

    商品名 種 別 形 状 主成分の組成 申請会社(認定年月日)
    パナプレート 樹脂蒸散性防殺虫剤 板状固体 DDVP、樹脂等
  • 国際衛生
  • (S55/10/1)
  • エコミュアーFTプレート 蒸散性防殺虫剤 板状固体 プロフルトリン
  • イカリ消毒
  • (H18/11/5)
  • ヴァイケーン 殺虫燻蒸剤 液化ガス フッ化スルフリル、不活性物質
  • 三井化学アグロ
  • (H4/9/1)
  • アルプ 殺虫殺菌燻蒸剤 液化ガス 酸化プロピレン(アルゴンで希釈)
  • エア・ウォーター
  • (H13/1/22)
  • エキヒュームS 殺虫殺菌燻蒸剤 液化ガス 酸化エチレン、1,1,1,2テトラフロロエタン
  • 日本液炭
  • (H13/5/15)
  • アイオガード 殺虫殺菌燻蒸剤 揮発性液体 ヨウ化メチル
  • 日宝化学
  • (平成13年11月30日)
  • リクタスEF 木材用防虫防腐剤 油剤 エトフェンプロックス、オクタクロロジプロピルエーテル、サンプラス
  • 三井化学アグロ
  • (H3/3/30)
  • リクタスEC 木材用防虫防腐剤 油剤 エトフェンプロックス、オクタクロロジプロピルエーテル、シプロコナゾール
  • 三井化学アグロ
  • (H9/5/10)
  • キシラモントラッド 木材用防虫防腐剤 油剤 クロチアニジン、プロピコナゾール、テブコナゾール
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H13/9/25)
  • 水性キシラモン3W 木材用防虫防腐剤 乳剤 クロチアニジン、プロピコナゾール、IPBC
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H13/9/25)
  • オプティガード20EC 木材用防虫防腐剤 乳剤 チアメトキサム、シプロコナゾール、チアベンダゾール
  • シンジェンタジャパン
  • (H17/4/25)
  • モクボーベネザーブ 木材用防腐防蟻剤 水溶性剤 ホウ素系化合物
  • 大日本木材防腐
  • (H12/9/25)
  • ファーストガード MP シロアリ用土壌処理剤 水和剤 カプリン酸、ヒバ中性剤、ウコン
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H12/9/25)
  • ファーストガード粒剤 シロアリ用土壌処理剤 粒剤 カプリン酸、ヒバ中性剤、ウコン
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H12/9/25)
  • キシラモンMC シロアリ用土壌処理剤 マイクロカプセル剤 クロチアニジン
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H13/9/25)
  • タケロックMC50E シロアリ用土壌処理剤 マイクロカプセル剤 クロチアニジン
  • 日本エンバイロケミカルズ
  • (H15/9/10)
  • オプティガードLT シロアリ用土壌処理剤 水和性顆粒剤 チアメトキサム、天然系増量剤
  • シンジェンタジャパン
  • (H19/7/20)
  • オプティガードZT シロアリ用土壌処理剤 フロアブル剤 チアメトキサム、グリコール系凍結防止剤
  • シンジェンタジャパン
  • (H19/7/20)
  • シロアリハンター シロアリ防除剤 ベイト剤 ビストリフルロン
  • イカリ消毒
  • (H20/7/9)
  • シロアリシャッター 防蟻材料 ガラス繊維+ホウ素化合物による防蟻シート ホウ酸、アクリル酸エステル共重合体、ガラス繊維
  • 大日本木材防腐
  • (H12/9/25)
  •  

     

     おわりに

     

    ・ 古建築物等の木製文化財における最重要種のご紹介と身近でありながら時として大きな被害を与える穿孔性蜂類についてまとめてみました。一般的に広く知られている害虫種については先述のお勧めの書籍に網羅されており、これを熟読するのが最も効率的であると考えます。

    ・ 駆除方法については文化財において液剤を使用した処理が極めて困難であることから殺虫ガスの利用についてご紹介しました。ただし、ガス燻蒸は非常に高額となるため、国指定重要文化財でない限り予算が通らないことが多く、民間管理の古建築物については継続的な管理自体が困難な状況にあります。そのため安価で実施できる簡易的手法をご提案させていただきました。

     

    害虫防除は被害の実態を把握し、対象害虫の発生時期と行動習性など生態を知ることではじめて様々な防除手段を組み合わせることができます。照明をLEDに換える、焼肉屋の吸煙機を利用する、銅板を巻く、餌植物を取り除く‥など身近なところに使えるものはたくさんあります。薬剤のみに頼らず多角的に対策を講じることが大切な財産を長きにわたって維持するために大切であると考えます。

     

     

    自信をもっておすすめします!

    「 家屋害虫事典 」 日本家屋害虫学会編  井上書院より刊行

     

    家屋害虫事典

     

    ※ 木材害虫、庭園害虫、不快害虫、文化財害虫、書籍害虫等について詳細に記載されており、今後の住環境総合管理ビジネスの構築に必ずお役に立ちます。

     

    ほんの少しでも皆様の日常業務にお役に立てば幸いです。

     

     

     

     

     

    pagetop