ゲジゲジ対策|駆除する前に生態を知り侵入防止対策を!真実の天敵と益虫

ゲジゲジの知られざる生態と対策について豆知識をご紹介します。

 

 はじめに

 

 ゲジ ・・・その知られざる自虐性とは

 

とっても気持ち悪いゲジゲシ・・・。でもほんとは超-キレイ好きなんです。

そしてとってもビビリです。何かに怯えると自分で脚を切り落として走り去る自虐性抜群の生きものです・・・。 なにもそこまでしなくても・・・。

 

 8本から30本に脚が増える

 

卵からかえると足が4対、できそこないのクモみたい。

脱皮するにしたがって脚が5対、6対、・・・脱皮すること11回、最後の脱皮でようやく成体15対に。つまり脚30本。

 

 隠れた才能 !  実はゴキブリの天敵です!

 

甚だ不快なこんなゲジゲシ、実は隠れた才能があるんです。

それはなんと、ゴキブリより速く、あっという間に捕まえることができるんです。

あまり知られてないけど、ゲジゲシはゴキブリの天敵なんです。

30本の長い脚を巧みに操りゴキブリを羽交い絞めにして翅も残さずきれいに食べてしまいます。

食事のあとは身体についたゴキ汚れをキレイに落として磨いて一服。

実は、とっても几帳面な性格なんです。

 

 暗闇を見通す監視カメラ

 

そして、眼もすごいんです。個眼と呼ばれる小さな瞳がなんと1000個もついてます。

これで暗闇に潜むゴキブリもあっという間に見つけます。

 

 実はキレイな 「不快害虫」 不運な宿命

 

とっても几帳面でキレイ好きなおかげで害虫分類にも「衛生害虫」には含まれていません。病原菌を運ぶ機能を持っていないんです。

だから実はキレイなんです。

だけど、とてつもなく見た目が悪く嫌われてしまうので「不快害虫」のクラスに入れられています・・・トホホ。

 

 これでも 駆除しますか ?

 

見た目は劣等生ですが、影の力持ちです。

少しは親近感を持っていただけましたでしょうか。

 

ちなみに日本には、ゲシ(体長3cm弱) とオオゲジ(体長7cm強)の2種類がすんでいます。

オオゲジは山の中でサバイバルしています。

ゲジは人の家のそばでゴキブリ食べてます・・・ちっこいと山の中では生きて行けないみたいです。

 

 やむを得ず駆除する時の方法

 

ムカデ、ヤスデ用の粉剤のほか、キンチョールなどのエアゾール剤でも簡単に死んでしまいます。ムカデのような特殊な薬剤は必要ありません。

 

ゴキブリを食べてくれるゲジをむやみに殺さないためにも、住宅の周りの落ち葉や雑草を取り除き、ゲジたちが必要以上に住宅に近づかないようにしましょう。

 

ゲジゲジ駆除に効果的な殺虫剤をあつめてみました。

いずれも殺虫効力の持続期間は、最短2週間~最長1ヵ月程度です。

どうしてもゲジゲジを受け入れられない方へ、おすすめします↓↓

ご紹介する殺虫剤は、魚毒性が高いため、建物の至近距離に水田や小川、河川、池、沼、湿地などの水系がある場合はご使用にならないで下さい。

 

  ゲジゲジ駆除に効果的な殺虫剤 »   楽●天 »   Amazon »

 

 

 

 ゲジゲジから身を守り睡眠を確保する

 

寝室にゲジゲジが侵入すると駆除するまで眠れないのが悩みの種です。

全包囲メッシュ素材の大型蚊帳でゲジゲジの侵入を防ぎ、不安を軽減します。

駆除するまでの応急処置と睡眠確保に効果的です↓↓

 

  全包囲メッシュの大型蚊帳 »   楽●天 »   Amazon

 

 

以上です。

ほんの少しでも参考になり、ご安心頂けたなら幸いです。

 

 

 

pagetop