コバエ対策|発生源と種類および生態に基づく増加原因と日常対策について

コバエ対策について観察経験に基づく効果的な方法について解説します。

 

 コバエとは “ 生態の異なる6種類ほどの小さなハエ類の総称 ”

 

最近、風呂場にコバエが……。居間や玄関、そして台所にも……。ふと気付くと窓際でたくさん死んでいる……。毎年6~7月と9~10月にかけて、こんな現象にお悩みの方も多いのではないでしょうか。 家中を探してみたものの発生源も見つからず、対策もよく分からないと不安はつのるばかり・・・。

 

 その原因はコバエ。これらを図鑑で調べてみると……載っていない! なぜなら、‘コバエ’という名前の虫は存在しないのです。実は、6種類ほどの小さなハエの仲間を総称して‘コバエ’と呼んでいます。すっかり世間一般に定着した呼び名ですが、学術的でないことから正式には認められていません。

 

 それでは、コバエとはどんなハエのことを言うのでしょうか。その種類と発生源ならびに対策について具体的に解説していきましょう。

 

 なお、前述の主な発生時期に「8月」が含まれていないのは、気温が高すぎてコバエの幼虫の生育が阻害され、自然淘汰されるためです。

 

 少し長くなりますが、必ずお役に立ちますので、是非、ご一読ください。

 

 

 Wanted NO.1   ノミバエ科

 

まず筆頭に「ノミバエ」。身体がノミのように丸い2~3mmの小さな黄褐色のコバエです。

肉と野菜が大好きで、ローストビーフと野菜スープには目がありません。大変な美食家ですが、動物糞から発生するという不潔極まりない生い立ちのため、衛生上の問題があり注意を要します。そして、とにかく落ち着きが無く、あらゆる食べ物に着地しては、うす汚れた脚で歩き回るという甚だ迷惑な無礼者です。飲食店や食品工場でも問題視される重要種でもあり、防除に手を焼く悪名高きコバエです。

卵→幼虫→さなぎ→成虫まで2週間程度を要しますが、発生源は台所の生ゴミに限らず、浴室内の排水口や浴槽下の水垢汚れ、観葉植物の植木鉢の腐敗水など動植物性食品類から腐敗有機物、そして排泄物まで鮮度を問わず食べることができるため油断は禁物です。

 

 Wanted NO.2   ショウジョウバエ科

 

次に「ショウジョウバエ」。眼の赤い2~3mmの小さなハエです。

果物とお酒が大好きで、バナナとワインには目がありません。さまざまな果物が食卓を彩るこれからの季節、飛来侵入に注意を要すコバエです。

卵→幼虫→さなぎ→成虫までわずか10日と短く、年間30世代という驚異的な世代交代を遂げるツワモノです。ただし、野外では樹液や果物のみを餌としており、動物糞には飛来せず、また、病原菌を運搬することも無いことから衛生上の危険性は低いと言えます。

果物の皮やビールの空き缶は放置せず、速やかにポリ袋に入れて口を閉じて下さい。1週間以上の保管は厳禁です。必ず毎週のゴミの日に出してください。

また、味噌や醤油や漬物などの発酵食品や乳製品にも強く誘引されるため、こぼれカスや液ダレに注意して、清潔に保管してください。

 

 Wanted NO.3   チョウバエ科

 

 続いて「チョウバエ」。蛾のように全身が鱗毛に覆われており、灰黒色で大きな翅をもち、見た目が逆ハート型に見える3~4mmのコバエです。ハエと名が付いていますが、生態的特徴の違いから正式には蚊の仲間に分類されています。

発生源は浴室内の排水口や浴槽下の水垢汚れであることが多く、台所や洗面所の排水管内に付着したスカム(ヘドロ状細菌集合物)や屋外の滞水した雨水枡や下水道からも発生します。

日中は光を避けて壁の低い位置に静止するなどしてほとんど動きませんが、夜になると比較的活発に飛翔します。床上50cmから1m程度の高さを一直線にフワーと飛び、すぐに静止します。真横へ少し飛んでは静止するという独特な飛翔を繰り返します。

卵→幼虫→さなぎ→成虫まで20日前後を要すものの、発生源が見つけられなかったり、手の届かない場所に発生したりして多発生します。成虫ならびに幼虫とも各種殺虫剤に対して感受性が低いため効きにくく、業務用で専用の特効薬による防除を必要とします。

家庭でできる最も有効な対策は、各種排水口に氷をたっぷり置いておくことです。冷水が排水管内のスカムに繁殖する細菌の活動を抑え、チョウバエ幼虫の発育を妨げます。可能であれば高圧洗浄機があるとより効果的です。これさえあればスカムの除去だけでなく、浴槽下の水垢汚れも洗浄除去することが可能となり、発生源対策の完成度は飛躍的に高まります。

 

 Wanted NO.4   チビクロバネキノコバエ科

 

次に「チビクロバネキノコバエ」。日中、室内を浮遊するように飛翔し、窓際に落下して死んでいる1~2mmで黒い蚊のようなコバエです。

見た目はハエには見えず、小さな蚊のような形をしていますが、脚を広げず翅を水平に重ねて静止するなど蚊とは異なる特徴を持っています。

キノコバエの発生源はこれまでのコバエとは異なり、観葉植物や菜園などの培土や有機堆肥のほか、カブトムシの培土、雨どいに堆積した土やコケです。幼虫は有機質に富んだ土の中で腐植物を食べて育ちます。

お心当たりのある方はすぐに室内の観葉植物やカブトムシを屋外に出すなどして、まずは屋内発生を止めましょう。

観葉植物は培土を新しいものに植え替えて、多湿にならないようやや乾燥ぎみに管理しましょう。肥料はIB粒状化成などの化学肥料を用いることでキノコバエの発生を抑えることができます。

また、カブトムシは培土をすべて捨てて川砂を入れて下さい。幼虫を飼育する場合は腐葉土でなければ育ちませんが、成虫のみなら川砂で清潔に飼育することができます。湿度調節も簡単でキノコバエだけでなく各種コバエ類の発生を抑制します。カブトムシを飼育されている方、飼育を予定されている方は、是非、お試しください。もちろんクワガタムシにも応用できます。

なお、チビクロバネキノコバエは植物病原菌を伝播することが確認されていますが、人畜に深刻な影響を与える伝染病の媒介などはしませんのでご安心ください。

 
 チビクロバネキノコバエ 大量発生

 

2014年6月20日より7月20日頃まで、日本国内の広域において「チビクロバネキノコバエ  Bradysia agrestis」が多発生しました。

 

チビクロバネキノコバエは身体が2mm以下と小さく細いため、網戸をくぐり抜けて窓際に溜まります。特に雨が降った翌日の午前中は一斉に群飛するため、飛来侵入に注意を要します。

 

我が家では5月初旬から目にするようになり、6月22日に発生のピークを迎えました。あまりの多さに玄関のドアを開けるのもままならず、やむを得ず住宅敷地内全域に殺虫剤を散布して駆除しました。

 

安全性を最優先した上でキノコバエ類の駆除性能に優れた殺虫剤を選抜し、規定量の1/2濃度にて25ml/㎡を目安に面状散布しました。規定濃度よりも薄く散布しましたが、殺虫効果は絶大で1回の散布でほぼ気にならないレベルまで駆除できました。

 

  

キノコバエ類の多発生でお困りの方へ、厳選した効果的な殺虫剤をご紹介します ↓↓

※ 天然由来の有効成分は日光(紫外線)で分解するため、残効性は最大7日程度です。

※ 金魚や熱帯魚、エビ、カニなど水棲生物とお住まいの方はお控えください

 

  「防除用 医薬部外品」 業務用殺虫剤 »   楽●天 »    Amazon »

 

   同じ成分を採用した家庭用殺虫剤 »   楽●天 »    Amazon »

 

 Wanted NO.5   フンコバエ科 (ハヤトビバエ科)

 

 次に「フンコバエ(旧称 ハヤトビバエ)」。飛翔力が弱く、全然速く飛べないため名前と生態がそぐわないとの理由から近年になって改称されたいわくつきのコバエです……。全身が黒く2~3mmでノミバエに似ており、同様によく歩くコバエです。

新名称の通り野外では動物糞から発生します。糞から発生するコバエだから糞小蝿。この名前もいかがなものでしょう……。

住宅においては、水漏れにより生じた腐敗水や排水汚泥から発生し、成虫はノミバエと同様、食品に飛来します。ノミバエのような黒い小さなハエが屋内にたくさん見られる場合は、台所や洗面所、トイレなどの水回りに異常がないか、点検されることをお勧めいたします。

ちなみに、フンコバエ科で有名なのはハマベフンコバエ。浜辺を歩いたときに波打ち際の海藻から飛び立つ小さなハエです。皆様もきっと一度はお会いしたことのあるコバエです。

 

 Wanted NO.6   ニセケバエ科

 

最後に「ニセケバエ」。全身が黒く体長2~3mm程度の小さなコバエです。1年の中では3~5月に多く見られ、キノコバエのように翅を水平に重ねて静止します。身体は寸胴で棒状、太短い棍棒のような触角をもっています。卵→幼虫→さなぎ→成虫までおよそ20日で世代交代します。図鑑などでは腐敗植物質から発生するとされていますが、実際に多発生した現場では必ずしも植物質に限定されず、海岸の腐敗生物由来や水産加工場の魚残渣排水系、美容室のオーガニックシャンプー排水系、製麺工場の排水系、ゴルフ場の芝生土壌・・など動物質も含まれ、チョウバエ科と同様、排水系からの発生も非常に多いのです。

 

ニセケバエは他のコバエ類と異なり、成虫の羽化は短期集中的に行われます。数日程度でみるみる増加し、数百から数千頭のニセケバエが地上50cm~1m程度の低空を群飛します。 半端に身体が太く目立つため、縦横無尽に飛び交う様は強烈に気持ちが悪いです・・・。

 

住宅外構の芝生土壌などから多発生した場合は、エアレーション(穴あけ)による排水性の改善を早急に実施してください。また、芝生表層のサッチ(刈り草等の堆積物)を掻き集めるなどして取り除き、腐敗物をできる限り残さないよう洗浄除去してください。その後はキノコバエ同様、土壌が過湿にならないよう注意して管理してください。なお、乾燥させすぎると芝生が細り枯れますのでご注意ください。

排水系から多発生した場合は、チョウバエ対策と同様、高圧洗浄機による排水管内の洗浄が効果的です。

 

数日ないし数週間で大量発生する極めて不快な種ですが、こんなでも人畜には無害ですのでご安心ください。

 

 

 

それでは、コバエ対策の具体的な予防策について解説しましょう。

 

 

 台所のコバエ対策

(おもな対象はノミバエとショウジョウバエです。)

 

 

生ゴミは台所用ポリ袋小(縦35cm×横25cm)をセットした蓋付きの小型ゴミ箱(15cm四方)に入れて1日毎に密封し、スーパーのポリ袋大をセットした蓋付きの大型ゴミ箱に入れてゴミの日まで保管します。なお、大型ゴミ箱の底にはシリカゲルなどの乾燥剤や、押入用除湿剤を設置しておくとより効果的です。

 

コバエ類は臭いに敏感に反応します。このため、生ゴミを蓋付きもしくは都度口を縛るなどして臭気を出さないようにすることは、コバエ類を誘引しない方法として効果的です。

 

コバエ類の産卵には餌だけでなく水分も必要で、特に幼虫の発育にはより多くの水分を要します。よって、乾燥させることは、彼らの産卵行動を抑制するとともに幼虫の生育を妨げるだけでなく、同時に成虫の誘引源となる腐敗臭の発生をも抑えることができるため、極めて有効な手段の一つなのです。

 

“生ゴミの1日毎の密閉と乾燥”自信をもってお勧めします。是非、お試しください。

 

なお、コバエ用に市販されている誘引駆除剤がありますが、これらの使用はあまりお勧めいたしません。なぜなら、あまり捕れないからです。

誘引剤の性能を高めると野外のコバエを引き寄せてしまうため、誘引性能を高められないという矛盾が存在しています。

市販の製品にはイメージだけで販売する風潮があるためくれぐれもご注意ください。効果が無ければ100円でも高価です。

 

 

 コバエから身を守るおすすめの対策アイテム

 

室内に飛来侵入するコバエ類を忌避、もしくは原因不明で室内発生したコバエ類を駆除する場合は、市販の液体電子蚊取器がおすすめです。

 

有効成分の拡散性能が高く、長時間の使用でも安全な 「液体電子蚊取器 」。

これを、窓際に設置して外出前にスイッチ ON 帰宅後にスイッチ OFF これだけで、コバエの侵入と発生を強力に抑えられます。

液体電子蚊取器はスイッチをONにしなければ有効成分が空気中に拡散しない構造に設計されているため、帰宅後にOFFにすることで、むやみに殺虫剤成分を暴露せず、安全にコバエ駆除ができ、快適な夏を過ごせます。

 

就寝時の蚊の駆除として使用する場合も、寝室に設置して就寝の数時間前(夕食時など)にON、就寝時にOFF とすることで安全で快適な睡眠が得られます。

 

金鳥の夏、日本の夏でおなじみ!の 液体電子蚊取器をおすすめします!

厚生労働省の管轄する薬事法の認可を受けた「防除用医薬部外品」です。

雑貨品の殺虫剤よりもより安心してコバエ対策できます↓↓

 

  液体電子蚊取器 キンチョウリキッド »   楽●天 »   Amazon »

 

   Vitantonio コラボレーションモデル »   楽●天 »   Amazon »

 

 

 

隠れた逸品!アース製薬のコバエ用粘着トラップは高い誘引効果を発揮します。

見た目はともかく殺虫剤を使用せずにコバエ対策でき、何と言っても安い!

コバエの発生が少ない時に有効です↓↓

 

  アース製薬 コバエ用粘着トラップ »   楽●天 »   Amazon »

 

 

コバエ類に卓効な有効成分「トランスフルトリン」がコバエを効率的に駆除します。

上記5種のコバエすべてに殺虫効果を発揮し、こちらもお安く済みます。

コバエの発生が少ない時に有効です↓↓

※ 金魚や熱帯魚、エビ、カニなど水棲生物とお住まいの方はお控えください

 

  コバエ駆除に効果的な殺虫剤 »   楽●天 »   Amazon »

 

 

 

隠れた逸品!フマキラーの自動殺虫器は手間なしでコバエを駆除できます。

コバエごときに手間をかけたくない方におすすめします。

コバエの発生量が気になる時に有効です↓↓

※ 金魚や熱帯魚、エビ、カニなど水棲生物とお住まいの方はお控えください

 

  フマキラー 自動殺虫器 »   楽●天 »   Amazon »

 

 

飲食店や旅館など大空間のコバエ対策に有効な電池式のコバエ殺虫器です。

コバエの発生量が多い時や、広範囲に発生している時に真価を発揮します。

ランニングコストが掛かりますので計画的なご利用をおすすめします↓↓

※ 金魚や熱帯魚、エビ、カニなど水棲生物とお住まいの方はお控えください

 

  飲食店・旅館など大空間のコバエ対策 »   楽●天 »   Amazon »

 

 

 

 お風呂場や洗面所のコバエ対策

(おもな対象はチョウバエです。)

 

 

 先に記した排水口への氷の設置の他、より予防的な措置として簡単にできる方法をご紹介いたします。チョウバエ幼虫の餌となるスカムを発生させない日常管理が重要です。

 

 お風呂から出る直前に、「お湯」を壁面から床面の隅々まで掛け流す。これだけで洗剤残りや皮脂汚れなどの付着を防ぐことができます。シャンプーなどの界面活性剤は少なくとも40℃以上で溶解するため、水では落ちません。また、皮脂汚れも同様です。できれば、お湯洗浄の後に「水」を掛け流すと、浴室全体の温度を下げてカビの発生も抑えることができます。

 

浴槽下の防水パンの洗浄は、浴槽側面が取り外せるものであれば外して直接洗浄します。取り外しができない場合は、残り湯を溜めないよう排水して栓をしておきます。残り湯は放置すると汚れが沈殿し、浮遊している垢は凝集してヘドロ状になり付着しやすくなります。つまり、スカムの発生を促しますので必ず排水してください。たった一晩でもいけません。害虫防除の視点だけでなく風水的にも残り湯は好ましくありません。

なお、浴槽に栓をするのは、成虫の侵入産卵を防ぐのと、浴槽下で発生した成虫の脱出を防ぐためです。

 

 

浴室や洗面所の排水口から飛び立つチョウバエ類専用の幼虫駆除剤です。

即効的に作用するものから日数を要するものがあり、有効成分により異なります。

効果を実感できるまでに、およそ1ヶ月ほどかかりますが、長期間発生を抑えます↓↓

 

一般的に幼虫駆除剤の多くは人畜毒性は低いのですが、水棲生物に強く影響します。

少なからず生態系に影響するため、池や小川や水路、水田などへ投下しないで下さい。

 

  チョウバエ幼虫駆除剤 »   楽●天 »   Amazon »

 

 

殺虫剤を処理してもチョウバエが収まらない時は、高圧洗浄機が有効です。

発生源である排水管内のスカムを高水圧で除去します。

毎年発生して殺虫剤にお金をかけるくらいなら、断然こちらがお得です!

チョウバエ類の発生源対策として有効です↓↓

 

  チョウバエ対策に適用できる 高圧洗浄機 »   楽●天 »   Amazon » Washer

 

 

 

以上です。

住宅に発生するコバエ類の生態と対策、ご参考になりましたでしょうか。

少しでも皆様の参考になり、いくらかばかりでもご安心頂けたなら幸いです。

 

 

 

 

 

pagetop