ヒラタキクイムシの対策・相談は【奥村防蟲科学株式会社】へ!~益虫と害虫の定義~

ヒラタキクイムシの対策・相談は【奥村防蟲科学株式会社】へ!~益虫と害虫の定義~

 

hiratakikuimushi-taisaku

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

ヒラタキクイムシの相談はお気軽に!

ヒラタキクイムシの相談はお気軽に!

ヒラタキクイムシについて何かお悩みがありましたら、お気軽に【奥村防蟲科学株式会社】へお電話ください。昆虫学の研究を長年一途に続けているプロとして、皆様の 相談をお受けいたします。

ヒラタキクイムシはラワンなどの南洋材を好み、完全に駆除をし終えるまでは、少しの油断もできない害虫です。法人・個人を問わず駆除を承っており、相談は無料ですのでどなたでもお気軽にご利用ください。

お電話・メールにてご連絡いただければ、応急措置を含めた様々なアドバイスをさせて頂きます。

ヒラタキクイムシの対策は【奥村防蟲科学株式会社】にお任せを!

ヒラタキクイムシの 対策でお困りでしたら、【奥村防蟲科学株式会社】にお任せください。混入異物検査や昆虫同定、虫害診断や防除施工、研修会なども承っており、状況に応じた最良の対策をご提案可能です。

また、トコジラミ(南京虫)など他の難防除害虫の駆除も対応していますので、ご入用の際はお申し付けください。これまで培ってきた虫と殺虫剤に関する深い知識を活かして、確実に駆除いたします。全国どこでも出張可能ですので、まずはお問い合わせください。ご要望に応じて、駆除方法のご教示も承ります。

益虫と害虫はどのように区別されているのか?

益虫と害虫はどのように区別されているのか?

昆虫は大きく分けて益虫と害虫の2つに区別できます。益虫は人の役に立つ虫を意味しており、アブラムシを食べるてんとう虫は益虫に区別できます。

一方害虫は、言葉からも分かるように、人に害をなす虫(ヒラタキクイムシやゴキブリ・・など)を指しています。しかし、益虫と害虫の区別は人が作りあげたものであり、虫によっては益虫と害虫の両方の特性を持つ種類も複数存在しています。

例えば、ミツバチはハチミツやローヤルゼリーなど、健康的な食品を生み出すという側面で見れば益虫であるものの、人を刺すという面で考えれば害虫です。どの虫が益虫か害虫なのかは、立場によって価値が変わるものですので、明確な区分は難しいと言えます。

お役立ちコラム

ヒラタキクイムシの対策・相談は【奥村防蟲科学株式会社】

商 号 奥村防蟲科学 株式会社
代表者
所在地 大阪府 箕面市 森町北一丁目3番5号
電話番号

TEL/FAX     072-751-3861

 携 帯     090-3908-9823

E-MAIL ipm@okumura64.co.jp

 

 

  3歳から昆虫一筋! 人生目標は “日本のファーブル”

 

ヒラタキクイムシの対策・相談は、ご安心の上お任せ下さい。

 

【相談無料】 お気軽にご利用ください。

 

 

 

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

pagetop