南京虫の生態をご紹介!南京虫の調査・相談は【奥村防蟲科学株式会社】にお任せを

南京虫の生態をご紹介!南京虫の調査・相談は【奥村防蟲科学株式会社】にお任せを

南京虫の相談は【奥村防蟲科学株式会社】

南京虫の相談は【奥村防蟲科学株式会社】

南京虫調査相談は【奥村防蟲科学株式会社】にお問い合わせください。害虫でお困りの場合は調査を行い、お客様に対処法をご提案いたします。

虫と殺虫剤の無料相談や講習会資料の販売も行っているので、南京虫などの害虫に悩まされている方はぜひお問い合わせください。豊富な虫の知識と経験を活かし、害虫から家を守るためのアドバイスをいたします。

トコジラミ(南京虫)の生態

始めにトコジラミ(南京虫)とは、名前にシラミと含まれて居ますが、実はカメムシ目トコジラミ科に属するカメムシの仲間です。

トコジラミ(南京虫)の寿命

トコジラミ(南京虫)は、暖かい環境と寒い環境で寿命が大きく変化します。暖かい環境であれば、卵から孵化して成虫の寿命が尽きるまで半年ほど生き続けます。寒い環境ならば、その寿命は長くなり、孵化から約1年半生きることもあります。また、トコジラミ(南京虫)は飢餓に強く吸血を行わなくても数ヶ月生きることができます。

トコジラミ(南京虫)の侵入ルート

トコジラミ(南京虫)の特徴は、素早い移動や壁・天井を移動できる・羽が退化しているため飛べないことが挙げられます。日本では、戦後の殺虫剤による防疫対策でほとんど見かけなくなっていましたが、大量発生した外国から人や物に付着して日本に持ち帰ってしまうケースが増えています。自宅への主な侵入ルートとしては、宿泊施設での外泊や郵便と一緒に運ばれるようなケースなど外から紛れて侵入します。また、トコジラミ(南京虫)は、衛生環境に関係なく住みやすい環境(湿度が高めの暖かい環境)があれば容易に住みついてしまいます。

トコジラミ(南京虫)調査

トコジラミ(南京虫)は主に、隙間(割れ目)を好み住み処としています。そのため、木材の隙間やマットレスの縫い目などに潜んでいることが多々あります。発見する方法として、トコジラミ(南京虫)が潜伏できそうな隙間などに黒いゴマのようなもの(南京虫の排泄物)が落ちていないかを確認します。また、トコジラミ(南京虫)は幼虫から成虫になる間に5回ほど脱皮を繰り返すため、脱皮した殻を発見する場合もあります。

南京虫の調査は【奥村防蟲科学株式会社】~害虫退治~

南京虫の調査は【奥村防蟲科学株式会社】~害虫退治~

南京虫の退治は、【奥村防蟲科学株式会社】にお任せください。大量に発生してしまった害虫の駆除を日本全国どこへでもお伺いして駆除します。

科学・物理・生物・環境的な方法を利用し、害虫駆除のご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しい相談は、電話・メールにて受け付けております。サイト内には、過去にお客様からご相談いただいた内容と回答を掲載しているので、そちらもご確認ください。

お役立ちコラム

南京虫の駆除なら【奥村防蟲科学株式会社】

商 号 奥村防蟲科学 株式会社
所在地 563-0256 大阪府 箕面市 森町北一丁目3番5号   地図
電話番号 TEL/FAX   072-751-3861  携 帯   090-3908-9823
E-MAIL ipm@okumura64.co.jp
URL

 

 


人生目標は “日本のファーブル”

 

 儚い命を懸命に生きる蟲たちの魅力とともに自然環境との共存に向けた

 

 総合的有害生物管理(IPM)の手法を暮らしの中にご提案します。

 

 

昆虫同定,虫害診断,防除施工,研修会など、ご安心の上、お任せ下さい。

 


【相談無料】 お気軽にご利用ください。