虫孔の直径と樹種を頼りに"穴の主"を推察する画期的な方法です。

虫孔を診て種類を特定する方法

 

Insect_holes

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

 

 

 はじめに

 

ヒラタキクイムシ,オオナガシンクイ,ケブカシバンムシ,クロタマムシ,ヒメスギカミキリ,オオハキリバチ,アメリカカンザイシロアリ・・など、近年の住宅からは様々な建材害虫が発生します。

 

 住宅建材にはホルムアルデヒドの放散量を3段階に分けたF☆☆~F☆☆☆☆という安全性基準が設けられており、星の数が多いほどホルムアルデヒドの放散量が少なく安全性が高いとされています。近年ではこの中で最も安全性が高いとされるF☆☆☆☆(フォースター)基準を満たしたものが主流となっています。建材の安全性の高まりは有機栽培の野菜などと同様、人だけでなく虫にとっても安心で安全なのです。

 

 壁や床などの内装材として多用されるラワン材も勿論この基準を満たしており、ゆえにヒラタキクイムシやオオナガシンクイなどの食害が顕在化します。これに加え、木造住宅の構造材がスギやヒノキからベイマツなど安価で入手しやすい樹種へ代替されていることもこれまで見られなかった虫が目に付くようになった原因の一つと考えられます。

 

目次へ

 

 

 穿孔する虫か否か?

 

 室内でキクイムシらしき虫を発見した場合は、まず、周辺に虫孔の有無を確認します。無ければ他の場所を探してみます。それでも見当たらない時は建材害虫でないことも考えられます。よくヒラタキクイムシと見間違われる虫にコクヌストモドキが挙げられます。見慣れればすぐに判別できますが、始めのうちはキクイムシだと思い込んでしまいます。よく似た虫がいるのでご注意ください。虫孔がある場合は、虫の体幅が孔に収まる大きさかどうかを確認します。虫は必要最小限の労力しかかけません。大き過ぎず小さ過ぎず、ぴったりハマる大きさならば孔の主である可能性があります。つぎに、ノギスを用いて虫の頭からお尻の先までの大きさ(体長)を正確に測ってみてください。体長が2.0mm以下の場合、木材を食べる虫ではなくカビを食べる食菌性昆虫である可能性が高いです。

 

目次へ

 

 

 孔の直径は何ミリ?

 

前述の通り虫の幅にちょうど合う大きさの孔が開いています。ノギスを用いて孔の直径を正確に測ります。以下に孔の大きさと比較的多く見つかる虫を記します。

 

●Φ1.0~2.0mm; ヒラタキクイムシ類,アンブロシアキクイムシ類(孔の周囲が黒ずむ),アメリカカンザイシロアリなど

●Φ2.5~3.0mm; マツザイシバンムシ,チビタケナガシンクイなど

●Φ3.5~4.5mm; ケブカシバンムシ,オオナガシンクイ,エグリトラカミキリなど

●Φ5.0~7.0mm; クロタマムシ,キホリハナバチなど

●Φ8.0~10.0mm; オオハキリバチなど

●Φ12.0~15.0mm; ウスバカミキリ, クマバチなど

 

目次へ

 

 

 被害材は針葉樹? それとも広葉樹?

 

建材害虫の多くは木材の樹種に選り好みします。まず被害の見られる木材が針葉樹か広葉樹かを明らかにします。できれば樹種を特定するとより正確に虫を絞り込めます。以下に発生の多い樹種と比較的多く見つかる虫を記します。

 

●針葉樹; ケブカシバンムシおよびクマバチ(古いマツ材),クロタマムシ(マツ材),ヒメスギカミキリ(樹皮付きスギ材)など

●広葉樹; ヒラタキクイムシ類およびオオナガシンクイ(ラワン材,ナラ材)など

●竹; チビタケナガシンクイ,タケトラカミキリ など

●ゴムノキ(学習机など); ナガシンクイムシ類など

●プラスターボード(石膏ボード); オオハキリバチ(営巣のため穿孔)

 

ケブカシバンムシは針葉樹と広葉樹のいずれも加害し、古い木材を好みます。虫孔の数の割に内部の食害は激しいため、薬剤を注入する際は圧力による破砕に注意を要します。

 

カミキリムシ類は樹皮付きの木材で発生を繰り返し、幼虫が樹皮に近い辺材部を食害するため丸太ほど多発生します。樹皮と樹皮下の辺材部を大きく取り除いた建材からはごく稀にしか発生しません。メス成虫の産卵には樹皮が必ず必要なため、万が一発生しても再び産卵されることはありませんのでご安心ください。

 

オオハキリバチは本来、幹などの隙間に松ヤニを詰めて育児室をつくる蜂ですが、近年、壁用建材のプラスターボード(石膏ボード)に穿孔する被害が多く見受けられます。想定外の場所から蜂が飛び出す場合がありますのでご注意ください。

性格は温和な蜂ですので刺される心配はないかと思いますが、過去の経験から普段めったに刺さない蜂に刺されるととても痛いのでむやみにイジメない方が賢明です・・・。

 

目次へ

 

 

 孔の形は円形? それとも楕円形?

 

 建材害虫の多くは円形の孔を開けて出てきます。孔の形がラグビーボール状の楕円形であれば、タマムシ類の可能性が高いです。

 

 

 虫孔に泥が詰まっているけどどんな虫?

 

 カミキリムシ類やケブカシバンムシなどの脱出孔(直径3.0mm以上)に泥が詰まっていることがあります。ドロバチやハナバチなどの蜂が育児するために利用したもので、孔の内部は数個の部屋(育児室)に仕切られています。親蜂は育児室を仕切る前に産卵し、幼虫は親蜂が育児室をつくる際に詰め込んだ餌(クモ,毛虫,葉,花粉など種により異なる)を食べて育ちます。親蜂はすべての部屋に産卵が終わると孔の入り口を泥などで塞いで飛び去ります。野生に生きる虫の生存率は極めて低く、これら借孔性蜂類など特殊な生態をもつ虫は年々減少する傾向にあります。ドロバチ類はめったなことで人を刺したりしません。もしこのような孔を見かけたら出来る限りそっと見守ってあげてください。

 

目次へ

 

 

 穿孔性害虫の検索表をご参考下さい

 

以下に文献と経験を基に分類した検索表を記します。あくまで目安ですが、大きくは外れないと思います。突如現れた虫に大変不安と恐怖を感じているのではと思います。この検索表でどこまでその不安を和らげられるかは判りませんが、多少はご安心頂けるのではないでしょうか。お役に立てれば嬉しいです。

 なお、検索表に記載しております害虫種はいずれも人体に直接害を及ぼす虫は含まれておりませんのでご安心ください。

 

 

mushiana2

 

目次へ

虫孔でお困りの際は【奥村防蟲科学株式会社】へご一報ください

商 号 奥村防蟲科学 株式会社
代表者
所在地 大阪府 箕面市 森町北1-3-5
電話番号

TEL/FAX     072-751-3861

 携 帯     090-3908-9823

E-MAIL ipm@okumura64.co.jp

 

 

  3歳から昆虫一筋!人生目標は“日本のファーブル”

 

経営理念; 虫害対策を通して健康と生態系を守ります。

 

 

同定検査,虫害診断,害虫駆除,勉強会など

 

 

   弊社の安全かつ几帳面な根絶施工方法

 

   【相談無料】 お気軽にお問い合わせください

 

 

目次へ

 

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

pagetop