ヒラタキクイムシ被害に関する解決策のQ&A|奥村防蟲科学株式会社

ヒラタキクイムシ被害に関する解決策のQ&Aを奥村防蟲科学株式会社が解説します

 

Lyctus

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

 

 

 はじめに

 

ヒラタキクイムシの発生に伴い生じる不安や疑問の中で、特に多い質問についてQ&Aにまとめてみました。ヒラタキクイムシは本当に針葉樹を食害しないのか?虫は最初から居たのか、それとも飛来したのか?責任はどこにあるのか?・・など長年に渡りヒラタキクイムシの問題に携わってきた奥村防蟲科学株式会社が解りやすく解説します。今後の問題解決のお役に立ちましたら幸いです。

 

目次へ

 

 

Q1 ヒラタキクイムシは広葉樹と針葉樹のどちらも加害しますか?

 

A1 日本において住宅建材を加害するヒラタキクイムシ類には外来種を含めて7種あり、一部の種は針葉樹も加害するため、針葉樹であれば絶対に大丈夫とは断言できません。

 

☑ 広葉樹材のみを加害; ヒラタキクイムシ,アフリカヒラタキクイムシ,ケヤキヒラタキクイムシ,ナラヒラタキクイムシ,アラゲヒラタキクイムシ

 

☑ 広葉樹のみならず針葉樹も加害; ケブトヒラタキクイムシ,アメリカヒラタキクイムシ

 

目次へ

 

 

Q2 床や壁に孔があいて虫が出てきましたが、虫は元々入っていたんですか?

 

A2 新築後、半年以内に孔があいて虫が出てきたのであれば、ほぼ間違いなく建材の内部に虫が居たことになります。ヒラタキクイムシ類は生育に日数を要し、卵→幼虫→さなぎ→成虫まで短くとも半年から1年前後を要すためです。

築後1年以上経過した物件については、野外からの飛来侵入による産卵と繁殖もこれまでに実例があることから必ずしも新築時から虫が居たとは断定できません。これまでの駆除実績において、築10年以上の物件から突如ヒラタキクイムシやアフリカヒラタキクイムシが発生した事例が多々あり、ヒラタキクイムシ類は必ずしも新築ないし築浅物件に限定して発生する昆虫ではありません。最近は、ディスカウントストアなどで購入した木製フォトフレームや木製小物などの輸入雑貨や家具などから内装材へと拡散したケースが目立っています。近年の住宅建材は安全性が高いゆえ、虫の発生は紙一重で生じます。

 

目次へ

 

 

Q3 虫の発生に納得できませんが、駆除費用は施工者に負担してもらえますか?

 

A3 残念ながら、新築引渡し直後の虫の発生でない限り「無償での貼り換え」など道義的な対策を承諾頂くことは困難です。

 

木材穿孔性昆虫による加害は、平成15年(2003年)7月1日に施行された「建築基準法におけるシックスハウス対策に係る法令」等によって法的に建材の安全性確保が義務付けられたという社会的背景に起因します。その結果、ヒトにも虫にも安全なF☆☆☆☆(フォースター)建材が開発され、広く普及し、潜伏していたヒラタキクイムシが再興したのです。

よって建築工務店様、建材メーカー様ともに非は無く、全額負担を求めることは極めて困難です。

 

目次へ

 

 

Q4 このままでは住む続けることが困難ですが、どうしたら良いのですか?

 

A4 多くの場合、建材を張り替えたり、殺虫剤等で積極的に駆除したりしなければ状況を改善することは難しいです。

住宅は建築した工務店様にメンテナンス頂くことが最良の選択です。

改修費用や殺虫剤等による防除費用の一部負担をお願いするなど、工務店様、建材メーカー様、お施主様など関係者間で負担割合を決定し、折半されるのがこれまでの仲裁経験から導き出された最良の解決策です。

 

目次へ

 

 

Q5 張り替え費用など改修工事費用はどうしても負担できません。建材を張り替えることなく何とか出費を安く抑える対策方法はありませんか?

 

A5 ヒラタキクイムシ駆除は、建材の張り替え以外ではスチームクリーナーによる熱処理や珪藻土による被覆処理、殺虫剤処理やアクリル樹脂塗装など様々な対策方法があります。

ただし、スチームクリーナーを用いた熱処理は非常に時間を要し、駆除の可否には一定の条件があります。

 

弊社ではお客様のご予算に応じて様々な防除ツールを組み合わせたヒラタキクイムシ類の予防・駆除を承っております。

 

目次へ

 

 

Q6 予防や駆除を依頼した場合、遠方でも出張駆除してもらえますか?

 

A6 はい。原則として鉄道を利用して移動できる範囲であれば、全国どこへでも出張し、防除施工させて頂きます。

 

目次へ

 

ヒラタキクイムシ類の根絶施工は【奥村防蟲科学株式会社】へお任せください

商 号 奥村防蟲科学 株式会社
代表者
所在地 大阪府 箕面市 森町北1-3-5
電話番号

TEL/FAX     072-751-3861

 携 帯     090-3908-9823

E-MAIL ipm@okumura64.co.jp

 

 

  3歳から昆虫一筋!人生目標は“日本のファーブル”

 

経営理念; 虫害対策を通して健康と生態系を守ります。

 

 

同定検査,虫害診断,害虫駆除,勉強会など

 

 

   弊社の安全かつ几帳面な根絶施工方法

 

   【相談無料】 お気軽にお問い合わせください

 

 

目次へ

 

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

pagetop