ヒラタキクイムシ類の安心・安全・几帳面な根絶施工方法|奥村防蟲科学株式会社

ヒラタキクイムシ類の安心・安全・几帳面な根絶施工方法を公開します

 

Lyctus_extermination

« 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

 

 

 

 はじめに

 

ヒラタキクイムシ類を根絶するためには時として壁面や天井面に孔を開ける必要があります。また、壁体内の断熱材や電気配線に悪影響を与えないよう安全かつ適切に作業を行う必要があります。奥村防蟲科学株式会社では長年に渡るヒラタキクイムシ駆除の経験と薬剤等の専門知識を活かして、住環境に安全でお客様にご安心頂ける几帳面で丁寧な根絶施工を心がけています。実例写真をご覧頂ければきっとご安心頂けるはずです。ヒラタキクイムシ類の根絶施工は3歳から昆虫一筋!の奥村防蟲科学株式会社へお任せください。

 

目次へ

 

 

 弊社の安全かつ几帳面な根絶施工方法

 

弊社によるヒラタキクイムシ類の根絶施工は、床材や壁材の張り替えをせずとも根絶へと導く方法を確立しています。

 

また、弊社では「赤ちゃんやペットがいても安全上の問題を生じないこと」を防除手段の選択条件として定めており、弊社独自の厳格な採用基準を設けています。お客様の健康に充分に配慮した上で、ヒラタキクイムシ類の生態を踏まえた、安全かつ適切な方法で駆除しています。人畜毒性の高いフェニルピラゾール系殺虫剤や有機リン系殺虫剤などは採用しません。

 

ヒラタキクイムシ類は時として壁下地材や天井下地材から発生します。この時、有機溶剤を含む液剤の散布やミスト噴霧を行うと、壁体内の断熱材の収縮や変質を招くだけでなく、カビの発生によるシックハウスも誘発します。このため壁体内や天井裏への薬剤注入は、珪藻土等の粉剤や蒸散剤などを用いたドライ施工が望ましいのです。

 

これらを踏まえ、弊社では各種ヒラタキクイムシ類に対して感受性の高いことを確認した2種類の有効成分を珪藻土に混合し、ブロワ―を用いて壁体内等の躯体構造内に封入したり、合成ピレスロイド系の蒸散剤を適宜活用したりすることで根絶しています。もちろん殺虫剤に頼るだけでなく、ヒラタキクイムシ類の生態を踏まえた物理的な対策も組み合わせた上で早期の根絶を安全に図っています。

 

このホームページもコツコツ自分で制作していますが、ご覧の通り、何事も几帳面に作業しますので、「部屋が汚れるんじゃないか…」とか「壁や床に目立つ傷がつくんじゃないか…」などの心配はご無用です。どうぞご安心ください。

 

目次へ

 

 

 壁面や天井面の施工方法

 

Wall_cloth_cut

Wall_boring

Diatomaceous_earth

写真1

壁クロスのみを切開し展開

写真2

ドリルで壁下地材の裏側まで穿孔

写真3

ブロワ―で珪藻土を封入

 

弊社では壁に孔を開ける際、壁クロスの上から直接ドリルで穿孔することはありません。始めに壁体内に電気配線や耐力壁、柱などが無いか下地センサーを用いて穿孔に適した場所を選抜した上で、壁クロスのみをデザインナイフでコの字形に丁寧に切り開き、石膏ボードまたは構造用合板の壁材に穿孔しています。珪藻土または蒸散剤の施工後は、フタ状に開いた壁クロスを閉じて接着し、元の景観に復元します。施工完了後はどこを切り開いたか判らなくなるほど復元するため、都度、写真を撮りながら施工箇所を忘れないよう記録しています。

 

目次へ

 

 

 床面の施工方法

 

Floor_foundation

 

フローリングからヒラタキクイムシ類が発生した場合は、虫孔の位置を漏れなく確認した上で施工範囲を定め、自社開発の特効薬を虫孔に高圧注入するとともに床材勘合部の隙間にも雌成虫の産卵を阻止できる薬量を注入します。さらにフローリング表面のワックスの剥がれ落ちた部位や傷などに対して、表面散布を行い傷口から薬液を浸透させます。自社開発の特効薬は有機溶剤を含まないためフローリングのワックスが溶けたり変色したりすることはありません。処理後、充分に浸透したところで余剰分をきれいに拭き取って終了です。施工完了後は床面で赤ちゃんやペットが寝そべっても安全上の問題はありませんのでご安心ください。

 

目次へ

 

 

根絶後のサポート

 

弊社では根絶施工が完了し、ヒラタキクイムシ類を根絶した後もお客様からのご相談を随時承っております。「なかなか不安が取れない、毎年この時期になると体調不良になる…」などその後何年でもお客様に寄り添いながらフォローさせて頂きます。ふと悩んだ時の駆け込み寺として心の拠り所があるだけでもご安心頂けるのではないでしょうか?

 

目次へ

 

 

 ヒラタキクイムシ駆除専用剤の開発

 

現在、弊社では長年のヒラタキクイムシの飼育経験と駆除実績に基づいて「ヒラタキクイムシ駆除専用剤」を開発しています。既に自社仕様としては完成しており、日常業務のヒラタキクイムシ駆除に適用しています。

 

弊社にて開発した「ヒラタキクイムシ駆除専用剤」は、殺卵剤+殺幼虫剤+殺成虫剤+産卵忌避剤の4種類の有効成分から構成されており、直射日光を受けない環境下において約1年間の残効性能を確認しております。この特効薬を使用してからは2シーズン以内での根絶に成功しています。

 

自社仕様の特効薬はやや取扱いが難しいため、これとは異なる有効成分を採用した一般向けの 「ヒラタキクイムシ駆除専用剤」を新たに開発しております。ややマイルドな効力ながら上々の仕上がりで、防除施工完了後にお客様にお渡しして、応急措置にご利用頂いています。

 

目次へ

 

 

 ヒラタキクイムシ根絶キット

 

根絶までの道のりを大幅に短縮する、自社開発のヒラタキクイムシ根絶キットです。

 

  • 1. 一般の方にも扱い易く改良したヒラタキクイムシ駆除専用剤
  • 壁面および床面の表面散布用と巾木および床材勘合部の隙間処理用の2種類を用意。

  • 2. ヒラタキクイムシの駆除に応用できる珪藻土粉剤
  • コンセント内部や天井裏、壁体内等の空隙に使用します。

  • 3. 捕殺に適した粘度の両面テープ
  • 窓際の巾木下や窓サッシュに貼るなどして飛来した個体を捕殺します。

     

    過去10年に渡るヒラタキクイムシ駆除経験を基に開発した4アイテムをセット販売

     

    最も防除の困難なアフリカヒラタキクイムシにも適用できる「ヒラタキクイムシ根絶キット」です。

    販売価格は送料・税込で33,000円になります。

    ご購入後、ヒラタキクイムシ類を根絶するまでお電話やメールにてサポートさせて頂きます。

     

    ご希望の方は、お電話/メールにて「ヒラタキクイムシ根絶キット希望」とお知らせください。

      

    質疑応答にて疑問や不安を解消した上で、ご購入されるか否かをご判断ください。

    ヒラタキクイムシ根絶キットは、代金のお振込ご入金を確認後、ヤマト運輸より発送いたします。

    代金のお振込からお届けまで3日前後を要します。根絶実績豊富ですのでご安心ください。

     

     

    【相談無料】 お気軽にお問い合わせください

     

     

    目次へ

     

     

     ヒラタキクイムシの効果的な駆除方法

    誰もが簡単にできるおすすめの被害拡大防止策は、きな粉を噴き出す虫孔を見つけたらすぐに養生テープとアルミテープを虫孔の上から重ね貼りして成虫の脱出を防ぐことです。

     

    アルミテープは粘着力が強く貼り付けた場所を破損しかねないため、先に養生テープを虫孔に貼ってから、それに重ねるようにアルミテープを貼ります。殺虫スプレーをお持ちであれば、虫孔に注入したあと、しっかり拭き取ってからテープを重ね貼りします。

     

    虫孔から既に成虫が脱出している可能性がある場合は、至近距離の窓周りを中心に、念入りに掃除機をかけて成虫の繁殖活動を阻止します。

     

    ヒラタキクイムシの雌成虫の行動を予測して予防処理しておくことで、交尾・産卵を回避して次世代の発生を強固に抑え、早期の根絶を図ります。

     

    在来種ヒラタキクイムシなら5~6月と10~11月を中心に、アフリカヒラタキクイムシなら3~11月の半年以上は要警戒です。

     

    なかなか気苦労が絶えませんが、自分でヒラタキクイムシの根絶を図るためには必要な、簡単かつ効果的な対策です。

     

    以上、やや複雑で難解な部分もあるかとは思いますが、今後の対策のご参考に、また、根絶施工のご依頼の検討材料になりましたら幸いです。

     

    最後まで目を通して下さり、ありがとうございます。

     

    目次へ

     

     

     ヒラタキクイムシ類の根絶施工を日本全国を対象に承っております。

     

    長年に渡るヒラタキクイムシの飼育経験と防除実績を最大限に活用し、安全かつ効率的に駆除して根絶へと導きます。実績豊富ですので、どうぞご安心の上ご用命ください。

     

    サービス 参考価格(税別) 備考
    ヒラタキクイムシ類の根絶施工 150,000~250,000円 床材のみの被害の場合
    250,000~350,000円 壁面・天井の被害の場合
    ※人件費,出張旅費,資機材費等全て含みます。

     

    ※ 赤ちゃんやペット、アレルギー等に配慮した殺虫剤を使用しない駆除施工も承ります。

    ※ 日常の予防対策などご教示させて頂きます。

     

    高度な殺虫剤の活用と珪藻土やライトトラップなど殺虫剤以外のツールを用いた総合的な防除体系により、これまで根絶が著しく困難だったヒラタキクイムシ類の対策を確立しています。

    日々検証を重ねながら、より安全で効率的な防除技術の革新を追求しています。

     

    目次へ

     

    ヒラタキクイムシ類の根絶施工は【奥村防蟲科学株式会社】にお任せください

    商 号 奥村防蟲科学 株式会社
    代表者
    所在地 大阪府 箕面市 森町北1-3-5
    電話番号

    TEL/FAX     072-751-3861

     携 帯     090-3908-9823

    E-MAIL ipm@okumura64.co.jp

     

     

      3歳から昆虫一筋!人生目標は“日本のファーブル”

     

    経営理念; 虫害対策を通して健康と生態系を守ります。

     

     

    同定検査,虫害診断,害虫防除,勉強会など

     

     

       弊社の安全かつ几帳面な根絶施工方法

     

       【相談無料】 お気軽にお問い合わせください

     

     

    最初へ

     

    « 前の記事へ 記事一覧 次の記事へ » 

     

    pagetop